• ~使用道具の紹介(下準備)~
  • ■ 菱目打ち(3mm)
  • ■ ステッチンググルーバ(革用の測り)
  • ■ ディバインダー(革用コンパス)
  • 【ポイント】
    ・菱目打ち使用の際、綺麗な直線になるように
    革専用の測りやコンパスを使い革に線の溝や跡をつける。
    ・菱目打ちは幅1.5mm~6.0mmまで。その他平目打ちなどがある。

  • ~使用道具の紹介・実演(使用:菱目2本・菱目四本)~
  • ■ 溝にそって菱目をあて木槌で叩く!
  • ■ 曲線部分は菱目2本に持ち替え丁寧に打ち込んでいく!
  • 【ポイント】
    ・曲線の端から打ち始め溝にそって丁寧に叩いていく。
    ・必ずあけた穴に菱目に刃を一つかませると仕上がりが綺麗にできる。
    ・曲線は必ず菱目の本数を変えると、曲線部分が綺麗に仕上がる。

  • ~使用道具の紹介・実践2(穴あけ後・仕上がり)~
  • ■ 根気よく丁寧に打ち込んだ後!!
  • ■ あとは穴に沿って糸をひたすら通す!(縫合作業)
  • ■ そして完成!!
  • 【ポイント】
    ・縫い目の幅や平目打ちでのかがり縫いはまた違った風合いがでます!
    ・糸には蜜蝋等を何度も染込ませる為、防水効果や強度は高めです!
    ・色々なバリエーションが楽しめますので、お気軽にご相談下さい!